弁護士になりたい

子供の頃に将来の夢は何ですか、と聞かれた事もあるでしょう。この答えは人によって実に多様です。

しかし、子供の時にやってみたいと思っていた仕事と、高校生や大学生になってなりたいと思う仕事は多少変化している人もいる様ですね。どちらかと言えば、子供の時には宇宙飛行士やスポーツ選手などと答える子供もいる様ですね。

しかし、中にはある程度大きくなると弁護士や公務員になりたいと言った様な、どちらかと言えば現実に近い夢を答える人が多くなる様な気がします。

確かに、小さい子供が弁護士や公務員などの仕事と言っても、難しく感じてしまい、ピンとこない事もあるでしょう。いろんな夢があっていいですね。

弁護士事務所でアルバイトをしておく

弁護士と言えばみなさんどのようなイメージをお持ちになられるでしょうか。様々あるかとは思いますが、やはり独立というイメージは強いのではないでしょうか。

しかし、何も分からないような状態で開業しても何をしようもありませんよね。

そこで、勉強を兼ねて弁護士事務所でアルバイトをするのです。もちろん開業前です。

事務所でのアルバイトの仕事はそれぞれの事務所で異なりますが、例えば書類の整理であったり裁判所からの書類の授受であったりです。

こうして事務所が経営されていくにはどうしたら良いのかを学びます。お給料も入り独立資金になりますので一石二鳥です。

もちろん都合良く求人があるわけではないですが、弁護士を目指すのであれば1度は経験しておいた方が良いのではないでしょうか。

弁護士法と弁護士に支払う費用

弁護士には弁護士法という法律があり、その規定を守らなければいけません。また弁護資格をもっていない人が弁護士を名乗る事は禁じられています。

ですので、弁護士は独占業務が多い職業です。弁護士は資格登録すれば、行政書士や社会保険労務士、弁理士や税理士などの業務を行うことができます。弁護士は、法に関することなら幅広い業務を行うことができます。

弁護士に支払う費用は弁護士がそれぞれ金額を決めることができるので、一律いくらという基準はありません。良心的な弁護士は低費用で相談に応じてくれる時もあります。

安いから悪い、高いから良いというわけではありませんので的確に対処してくれる弁護士を選びましょう。

離婚弁護士に関する記事