浮気離婚では必ず慰謝料をもらえるわけではない

配偶者の裏切りで浮気離婚することになったら、自分が被害者なんだから必ず慰謝料を払ってもらえると思うのは間違いです。

配偶者に慰謝料を払えといっても素直に払うとは限りませんし、そうなったら裁判になるでしょう。裁判では離婚に至ったのは配偶者の浮気が原因であると証明できる証拠が必要になります。

もし証拠を提出できなければ、慰謝料を払わせることが難しくなったり、払ってもらえても減額されるなど自分に不利な展開となる恐れがあります。 ですから浮気離婚する時には、配偶者が浮気していたという決定的な証拠を掴んでいた方が間違いありません。自分で掴むことが難しければ探偵などプロに調査をお願いしたほうが良いでしょう。

浮気離婚慰謝料について争いになり、訴訟になったら

浮気離婚慰謝料については、多くの場合に話し合いで解決しています。相手が素直に浮気を認めているケースや、言い逃れができないような証拠を入手している場合です。しかし、相手が浮気を認めず、争いになったら、訴訟になることも覚悟しなければなりません。

裁判では、一定以上に確実な証拠がなければ、浮気離婚慰謝料が認められることはありません。しかし、証拠が不十分であり、不貞行為が証明できなかったとしても、度重なる裏切り行為によって精神的な損害を被ったということが認められ、別の慰謝料をとれることもあります。諦めずに最後まで戦いましょう。