浮気離婚慰謝料と養育費の違いは?

浮気離婚慰謝料と養育費の違いを理解することは重要です。前者は不倫や暴力で被った損害に対する損害賠償であり、相手に不法行為がないと請求できません。後者は親としての扶養義務にもとづく権利であり、子供の権利でもあります。

養育費は子供の権利なので、浮気の有無にかかわらず子供を引き取った側がもらうことができます。たとえ浮気をしたのが母親であっても、別れて暮らしている父親には扶養義務があるので、支払いの義務があります。

浮気離婚では、9割の人が裁判所の力を借りず、夫婦の話し合いだけで離婚を成立させています。不利な条件での和解にならないように、しっかりと知識を身に付けておきましょう。

浮気離婚慰謝料の金額は200〜300万円が相場

浮気が原因で離婚しなければならなくなったら、本当に悔しいし、許せません。受けた心的苦痛に対して少しでも償ってもらうために、浮気離婚慰謝料を請求することが可能です。

金額は200万円〜300万円とそれほど多額というわけではありませんが、しっかり請求するべきです。また、これは浮気をした夫(妻)だけでなく、浮気相手にも請求が可能です。

さらに、浮気離婚慰謝料のほかに、夫婦に築き上げてきた財産に関してもきちんと財産分与の手続きをする必要があります。決して泣き寝入りすることのないように、専門機関に相談すると良いでしょう。

浮気離婚慰謝料と裁判上の手続き

浮気離婚慰謝料は、正式な裁判の際に確定するものですが、前もって経験豊富な弁護士に相談をすることで、様々な事例に対応をとることが可能となります。 最近では、信頼のおける法律事務所の選び方にこだわろうとする人が増えてきており、夫婦間の様々な問題を早期に解決するために、依頼先のシステムの良しあしをじっくりと見極めることが良いでしょう。

また、浮気離婚慰謝料の支払いが必要となる事例については、誰しもすぐに判断をすることが難しいことがありますが、同年代の人々のレビューを参考にしつつ、余裕を持って対応をすることが大事です。

浮気離婚慰謝料を得るには証拠が重要

お互いに思いやる気持ちがあったからこそ、結婚をしたというのにいつも間か気持ちがすれ違うようになることもあります。そういった場合には、離婚をするという結果になることもよくあることです。

特に他の異性に気持ちが動いてしまって不貞行為をしたということがわかった場合には、浮気離婚慰謝料を請求されることになるのです。 その際の証拠というのはとても大切であって、浮気現場の写真や映像などのほかにも相手とのやり取りなどもあれば、それが動かぬ証拠になって、浮気離婚慰謝料を受け取って別れることができるようになるのです。

浮気離婚慰謝料を浮気相手からも請求する

夫や妻の浮気が原因で離婚するとき、精神的に傷付けられることが沢山あります。心の傷を癒して新しい生活を始めるためには、お金という先立つ物が必要になります。そのためにも不貞を働いた相手に浮気離婚慰謝料を請求することは当然の権利です。

浮気を示す証拠があれば、不貞行為が原因で離婚をすることの証明になるので慰謝料の請求がスムーズにできます。また浮気相手に対しても精神的に傷付けられたので、浮気離婚慰謝料を請求することができます。逃げ得を許さないようにするため、名前や住所をあらかじめ調べておき慰謝料を請求するようにします。応じない場合には裁判をおこすこともできます。

浮気離婚慰謝料で争いになって裁判をする場合

浮気離婚慰謝料は、話し合いで解決するケースが多いですが、裁判になることもあります。裁判になると、確かな証拠が必要になり、証拠がない場合には、争いが長引く傾向があります。場合によっては1年以上もかかることもあるようです。

浮気離婚慰謝料を請求するなら、探偵に依頼をするなどして、確実な浮気の証拠を入手しておくことが重要になります。

確実な証拠がなくても慰謝料が認められることはあるので諦める必要はありませんが、早い段階で弁護士などに相談をして、できるだけ準備をしておくことで、満足のいく解決につながる可能性が上がります。

浮気で結婚破綻、浮気離婚慰謝料の額は?

結婚関係が壊れてしまう原因の中で、常に上位に来るのが浮気です。夫の浮気もあれば妻の浮気もあり、それが発覚すれば元のような夫婦に戻るということは難しいのです。浮気が原因で離婚となった場合、浮気離婚慰謝料を請求することができます。

請求相手は浮気をした夫(妻)と、浮気相手となります。浮気離婚慰謝料の金額については、50万円〜300万円前後と言われています。有名人の離婚などでは、慰謝料1億円などと報道されることがありますが、実際には慰謝料だけではなく、財産分与が含まれているので高額になると考えられます。

愛人を作ると浮気離婚慰謝料を請求されます

昨今、不倫をテーマとするドラマや映画、小説が沢山製作されています。稼業にしている女性もいるんだとか。しかしそれはあくまでドラマや映画、小説の中の世界。実際に愛人を作ってしまうと、それがバレ、離婚ということになると、浮気離婚慰謝料を請求されてもおかしくありません。

さらに浮気離婚慰謝料は当人だけでなく、相手、つまり愛人にも請求することができるのです。結婚とは神聖なものです。一時的な欲求を満たすことによって愛する配偶者を裏切り、金銭で揉めるような泥沼離婚劇なんて不幸そのものです。不倫はあくまでもフィクションの中で楽しむものだと心得ましょう。

浮気離婚慰謝料を請求する際に最も効果的な証拠は?

浮気離婚慰謝料を請求する際、最も強力な証拠はホテルから出入りする写真です。出入りしている瞬間の写真としては、できれば複数回分ほど用意しておいたほうが良いでしょう。1度のみの写真では、浮気離婚慰謝料を請求できない場合があります。

また、一方で効力が弱いものとしてはメールのやり取りや着信履歴などが挙げられます。しかし、このような証拠しか用意できなかったとしても、慰謝料を請求できる可能性は十分にあります。したがって浮気が連想できるようなものを発見した場合には、なくさないように全て保管しておくようにすると良いでしょう。

配偶者とのトラブルと浮気離婚慰謝料の相場

配偶者との間でトラブルが生じた場合には、早期に優秀な弁護士が在籍している法律事務所にサポートを受けることが大事です。近頃は、浮気離婚慰謝料の計算方法について興味を示す消費者が少なくありませんが、事前にそれぞれのケースについて専門のスタッフに相談を持ち掛けることが重要です。

また、浮気離婚慰謝料の相場は、定期的に大きく変更されることがあるため、常に新しい情報を集めることがポイントです。 もしも、配偶者の不貞行為などに悩まされているときには、身近なところにある法律事務所の実績の良しあしを比較することがコツです。

離婚に関する記事