浮気離婚慰謝料の約束をした場合

浮気離婚では、一方が慰謝料を支払う約束をする場合があります。裁判にはならず、話し合いで解決した場合でも、しっかりと念書を書かせておくことが大切です。浮気をした事実を認める内容と、それに対して慰謝料を支払うということをしっかりと書面に残しておきましょう。

離婚をした後、別居していると責任感が薄れていき、慰謝料や養育費を支払わなくなる人が多いです。口約束だけですませていると、後でやっかいな問題となります。なるべく離婚の取り決めは公正証書にして残しておきましょう。あとで裁判をして請求することになったら、公正証書が重要な証拠となります。

浮気前から破綻していた場合の浮気離婚慰謝料

浮気が原因で結婚関係が破綻した場合、当然浮気離婚慰謝料を請求することができます。たとえば夫の浮気であれば夫に対して、さらに夫の浮気相手に対しても請求可能です。

浮気離婚慰謝料の相場は50万円〜300万円前後となっていますが、明確な基準があるわけではありません。そもそも浮気の慰謝料とは、浮気していた夫(妻)とその浮気相手から受けた精神的苦痛に対して支払われるものです。精神的苦痛は人それぞれでしょうし、もし浮気の前からすでに結婚生活が破綻していたような場合は、浮気離婚慰謝料の請求が難しくなることも考えられます。