離婚を考えたら

もう一緒にいたくない。

一緒にいたくない!だから離婚する!と簡単に決断しないで下さい。
離婚は結婚と同じくらい大きな出来事になるのです。
我慢しろとは言いません。

しかし、一度ゆっくり考えてお互い話し合ってみてください。
お子さんがいる方は特に考え直して欲しい部分です。

近年、両親の離婚は子供の心に大きな影響を及ぼすと言われています。
もし、話し合っても分かり合えない場合はまた新しい道を考えましょう。

離婚の話を持ち出す。

相手に伝えるにはどうする。

離婚の意思を相手に伝えるにはどうするべきでしょうか。
場所や言葉も大切になってきます。

・相手が逆上しても、絶対に怒ったり、相手を傷つけることを言わない
・第三者など知り合いに立会いのもと話をする
・用件だけ手短に説明する。
・話がそれない様に、気をつける。またそれた場合は修正するよう心がける

などがあります。

実績のある弁護士!

離婚弁護士への相談は話し合いの前に

離婚弁護士に相談をするなら、話し合いの前にしておくのがおすすめです。

例えば、知識を持たずに夫と話し合いをして、養育費が月に2万円、浮気の慰謝料が50万円と決まって、サインもしてしまったとします。その後で、離婚弁護士に相談をしたら、養育費の相場は月に5万円、慰謝料は200万円と言われたとしても、すでに示談書にサインをしてしまっていると、くつがえすことは難しくなってしまいます。

養育費に関しては、後から金額を上げることもできる場合がありますが、やはり最初の段階で弁護士に相談をしていたほうが、スムーズだったでしょう。

離婚に関する記事